fc2ブログ

記事一覧

山形市でのわかちあいの会の会場変更のお知らせ

グリ研では、山形市で分かち合いの会を奇数月の第4日曜日に開催しております。今月も開催予定ですが、いつもの会場が確保できなかったため下記の会場に変更になります。急なお知らせで申し訳ございませんが、ご参加の際は、ご注意下さい。会場:山形市霞城公民館 研修室1A...

続きを読む

山形のわかちあいの会に向かうバスの中で

5月22日の日曜日、コロナ禍も収束に向かいつつあるとの判断で久々に山形市でわかちあいの会を行うことなった。個人的な理由で、最近、わかちあいの会から遠ざかっていたが、ようやく参加できるという期待感みたいなものを胸に、高速バスで向かった。バスに揺られながら、ふと、東日本大震災の後、グリ研のわかちあいの会をお手伝い頂いた方々のことを思い出した。仙台の他、南三陸町、石巻市、気仙沼市で行うことになったが、その...

続きを読む

今月の山形市でのわかちあいの会、中止のお知らせ。

久しぶりにブログを更新いたしますが、内容は残念なお知らせです。1月23日に山形市で予定しておりましたわかちあいの会を、新型コロナウィルス感染症の拡大のため中止させて頂きます。第5波の後はこのまま落ち着くんじゃないかと期待しておりましたが、オミクロン株の出現で医療体制の危機的状況が懸念される中で、感染防止を重点的に考える必要があると判断し、中止と致します。参加をご希望の方にはご迷惑をおかけして、大変申...

続きを読む

コロナ禍に思う事

 コロナの第5波は過ぎ去りましたが、これまで多くの方々がコロナでお亡くなりになりました。また、この期間にお亡くなりになった方々は、コロナが原因である無しに関わらず、ご家族の面会だけじゃなく、臨終の際も、葬儀の際も、火葬の際も誰も近づけない様な状況であった訳で、その死を受け止められない様な状況にいらっしゃる方々多いのではないかと危惧しております。多くの場合、家族葬のみ行うのが精一杯で、従来の弔いが行...

続きを読む

グリーフケアの担い手養成講座のご案内

直前になってのご案内で恐縮ですが、10月31日(日)から今年度のグリーフケアの担い手養成講座を開催します。  全10講座からなるグリーフケアの担い手養成講座です。  第1講は例年通り、関西学院大学人間福祉学部教授の坂口幸弘先生の『悲嘆学・喪失学』です。グリーフは喪失に対する反応(Cynthia White)であり、喪失という人生においてネガティブなことに目を向けたくないという思いを持たれる方が多いかも知れませんが...

続きを読む

プロフィール

griefcaremiyagi

Author:griefcaremiyagi
2004年暮れから活動を始め、2006年から「わかちあいの会』を行なっている団体です。2013年にグリーフケアの実践と普及・啓発を事業の柱としてNPO法人化しました。立ち上げの時から関わって頂いているあしなが育英会の仙台レインボーハウスに事務局を置き、宮城、山形で活動しています。グリーフケアの担い手養成講座には、東北6県、関東からも参加されています。