FC2ブログ

記事一覧

いよいよ明後日、水野治太郎先生のナラティヴ・アプローチ講座です。

いよいよ明後日、10月6日(土)、水野治太郎先生を迎えてのグリーフケアの担い手養成講座第5講『ナラティヴ・アプローチ』が行われます。多方面で注目されているナラティヴ・アプローチ。これをグリーフケアに導入した水野先生の20年以上にわたる経験の凝縮した講座です。死別の喪失体験は、その人にとって根幹を揺るがす様な大きな出来事ですが、しかし、それは、人間としての大きな学びの得られる体験であり、そのことを意識する様なグリーフケア教育が必要と水野先生はおっしゃられます。『喪失を贈り物に変える。』仙台グリーフケア研究会(グリ研)のわかちあいの会でも、悲嘆で苦しんでおられるお話に涙なしには伺えないことがしばしばありますが、人間として大きく成長された方々の語りにも感動の涙を禁じ得ないことがあります。
グリーフケアの担い手養成講座第5講『ナラティヴ・アプローチ』は、10月6日・7日の二日間、仙台市医師会館(仙台市地下鉄南北線河原町駅下車)で行われます。詳しくはグリ研事務局までお問い合わせ下さい。
電話070−5548−2186。E-mail:griefoffice@gmail.com
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

griefcaremiyagi

Author:griefcaremiyagi
2004年暮れから活動を始め、2006年から「わかちあいの会』を行なっている団体です。2013年にグリーフケアの実践と普及・啓発を事業の柱としてNPO法人化しました。立ち上げの時から関わって頂いているあしなが育英会の仙台レインボーハウスに事務局を置き、宮城、山形で活動しています。グリーフケアの担い手養成講座には、東北6県、関東からも参加されています。