FC2ブログ

記事一覧

2月のグリ研の活動について

2月のグリ研の活動予定をご紹介いたします。
◉2月1日(土)は、『グリーフケアの担い手養成講座』第9講を行います。講師は、京都産業大学学生相談室主任カウンセラーの米虫圭子先生です。テーマは「自分を知る」。グリ研の担い手養成講座の全ての講座に共通のテーマですが、養成講座も終わりに近づき、今一度、自分を見つめ直す講座になります。公開講座ではありませんので、午前中のみの参加はできません。仙台市医師会館で10時から17時までです。お問い合わせ先:事務局070−5548−2186

◉翌2月2日(日)は、『自死を減らすためのアルコール対策 もしからしたら自分にも起こるかもしれない〜飲酒と自死の関係』です。宮城県の自死対策強化事業の補助金により行われる事業です。講師は、東海大学健康科学部社会福祉学科准教授の稗田里香先生、同志社大学社会学部社会福祉学科准教授の野村裕美先生です。今回、当事者の方のお話を伺う時間を設けております。リカバリーしている人の貴重な体験談を伺えます。一般診療をされている消化器科や救急医療の現場に多くのアルコール使用障害の患者さんが受診しているはずです。そういう現場にいらっしゃる方々に是非聴いて頂きたいお話です。

◉2月8日(土)は仙台レインボーハウスで行われる「わかちあいの会」です。14時から16時30分までです。大切な方、かけがえのない方を亡くされた方はどなたでも参加できます。
◉2月15日(土)は石巻の「わかちあいの会」です。今回は、石巻駅前の石巻市保健相談センターで行います。会場がいつもと異なるので、ご注意下さい。仙台同様、大切な方、かけがえのない方を亡くされた方はどなたでも参加できます。
◉2月22日(土)は気仙沼市地域交流センター(ワンテン庁舎)で行われる「わかちあいの会」です。開始時間は13時30分からになります。
グリ研のホームページはこちら

グリーフに向き合う事は、後ろ向きなことばかりじゃなく、グリーフに向き合ってそこを確認できるからこと前に進めるということもあります。でも、後ろ向きでも全然結構です。人は、前ばかり向いていれば良い訳でもないとも考えます。
多くの方々にご参加いただけたら幸いです。お待ちしております。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

griefcaremiyagi

Author:griefcaremiyagi
2004年暮れから活動を始め、2006年から「わかちあいの会』を行なっている団体です。2013年にグリーフケアの実践と普及・啓発を事業の柱としてNPO法人化しました。立ち上げの時から関わって頂いているあしなが育英会の仙台レインボーハウスに事務局を置き、宮城、山形で活動しています。グリーフケアの担い手養成講座には、東北6県、関東からも参加されています。