FC2ブログ

記事一覧

北海道東北臨床宗教師会の特別公開講義のご案内

グリ研の理事長の滑川です。私は、グリーフを考える上で宗教者の役割が重要だと思っておりまして、10年くらい前には、宗教者と一緒に自死について考えるシンポジウムなどを行ったこともありました。臨床宗教師は以前から生と死について真剣に考える故岡部健先生と宗教者が一緒に作り上げた日本版チャプレンで、彼らの緩和医療の現場やグリーフケアの現場での活躍にとても期待しています。
その臨床宗教師会の方から、特別公開講義のご案内を頂きましたので、グリ研に関わる方々にもご案内したいと思い、ご紹介致します。
講師は淀川キリスト教病院の元チャプレンの窪寺俊之先生(聖学院大学大学院客員教授)です。
人数に限りがあり、申し込みが必要とのことです。ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

特別公開講義 「傾聴の癒し ースピリチュアルケアの本質とは何かー」
日時:令和元年11月14日(木) 18:00〜19:30(受付17:30)
会場:仙台市福祉プラザ第2研修室(10F)
対象者:医療・福祉関係従事者(先着20名程度)
参加費:1000円
【申し込み方法】
ht-rinsyu-kensyukai@outlook.jp 締め切り11月3日(日)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

griefcaremiyagi

Author:griefcaremiyagi
2004年暮れから活動を始め、2006年から「わかちあいの会』を行なっている団体です。2013年にグリーフケアの実践と普及・啓発を事業の柱としてNPO法人化しました。立ち上げの時から関わって頂いているあしなが育英会の仙台レインボーハウスに事務局を置き、宮城、山形で活動しています。グリーフケアの担い手養成講座には、東北6県、関東からも参加されています。