FC2ブログ

記事一覧

わかちあいの会は続いています。

2月も半ばを過ぎ、今日は二十四節気の雨水。仙台ではインフルエンザのピークはとりあえず越えたかなと言う感じです。寒い時期が過ぎて春の足音が近づいてくる頃。グリ研はわかちあいの会をいつもと同じように継続しています。会で語られる参加者の方々の言葉の一つ一つに色々な想いと生きる事の力を感じながら、輪の中に座っています。自分自身の人生に重ね合わせ、毎回多くの学びを頂いています。
ケアという事は、わたしが一方的に何かを与えているようなものではなく、関わりの中でわたしも沢山のことを頂いています。わかちあいの会に来られる方々は、生きる力を携えた一歩も二歩も歩き始めた方々です。一歩、二歩どころか遥か先まで歩んでいる人もおられます。わたしは、時々お水や汗拭きタオルをお渡しするだけです。決して、わたしが代わりに歩いたり、背中に背負って歩いたりするのではありません。参加者の方々が自らの足で歩いておられます。その歩みにご一緒させて頂けることがとても楽しく、喜びです。
これからも歩みは止まることはありません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

griefcaremiyagi

Author:griefcaremiyagi
2004年暮れから活動を始め、2006年から「わかちあいの会』を行なっている団体です。2013年にグリーフケアの実践と普及・啓発を事業の柱としてNPO法人化しました。立ち上げの時から関わって頂いているあしなが育英会の仙台レインボーハウスに事務局を置き、宮城、山形で活動しています。グリーフケアの担い手養成講座には、東北6県、関東からも参加されています。