fc2ブログ

記事一覧

第6回日本グリーフ&ビリーブメント学会に参加しました(2)

グリ研の滑川です。
日本G&B学会の報告の続きです。

学会での私の役割は2つあって、一つは、初日のポスター発表。演題名は『グリーフケアを掲げた精神科クリニックからの報告』です。グリーフセラピーのクリニックについてお話しが出来ました。グリーフは、辛くて辛くて、早く無くしたいと思われる方々もいらっしゃるかもしれませんが、そのグリーフは大切な人・かけがえのない人を亡くしたという喪失に対する反応なので、無くしたいと思っても無くならないものだと思います。亡くなった方が大切でかけがえの無い方であるからこそそのグリーフは無くならないんです。そう言うお話しをグリーフセラピーの中でさせてもらっている事などをポスターを見ながらお話しさせて頂きました。
もう一つの役割は、シンポジウム2『海外のグリーフケア〜考え方、取り組み、文化の違い』の座長(司会)でした。海外でグリーフケアを学ばれたり、実践したり、研究されてこられた方々の発表を伺い、今、自分の行なっているグリーフケアの立ち位置を確認する事ができ、また、私個人、あるいは、社会が抱えているグリーフケアの課題を知る事ができました。

もう一つ役割がありました。2日目のランチョンセミナーで、開 浩先生の素晴らしいご講演を拝聴したのですが、開先生が車椅子を使用されていたので、ステージに御登壇されるのをお手伝いした事です。

大会関係者の方々のご尽力で学会が成功裡に終わり、とてもいい勉強の機会をいただいたことに感謝しております。

以上、学会参加の報告でした。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

griefcaremiyagi

Author:griefcaremiyagi
2004年暮れから活動を始め、2006年から「わかちあいの会』を行なっている団体です。2013年にグリーフケアの実践と普及・啓発を事業の柱としてNPO法人化しました。立ち上げの時から関わって頂いているあしなが育英会の仙台レインボーハウスに事務局を置き、宮城、山形で活動しています。グリーフケアの担い手養成講座には、東北6県、関東からも参加されています。