FC2ブログ

記事一覧

グリーフケアの担い手養成講座の説明会を開催しています。

グリーフケアの担い手は誰か?それは、ある意味全ての人が担い手であると言ってもいいかと思います。グリーフは病気ではありません。喪失に対する正常な反応がグリーフです。グリーフには個人差があります。涙が止まらない人もいれば、淡々と日常生活を送る方もいます。いろいろな反応があります。グリーフを語る人のそばで寄り添う人は、グリーフケアの担い手と言えます。誰でもグリーフを抱える可能性があり、誰でもグリーフケア...

続きを読む

いよいよ明後日、水野治太郎先生のナラティヴ・アプローチ講座です。

いよいよ明後日、10月6日(土)、水野治太郎先生を迎えてのグリーフケアの担い手養成講座第5講『ナラティヴ・アプローチ』が行われます。多方面で注目されているナラティヴ・アプローチ。これをグリーフケアに導入した水野先生の20年以上にわたる経験の凝縮した講座です。死別の喪失体験は、その人にとって根幹を揺るがす様な大きな出来事ですが、しかし、それは、人間としての大きな学びの得られる体験であり、そのことを意識...

続きを読む

11月の『グリーフケアの担い手養成講座』のご案内

◎11月の《グリーフケアの担い手養成講座》は、「緩和医療の現場におけるグリーフケア」です。 日時:11月4日(日) 10時〜17時 場所:仙台市医師会館 5階研修室(駐車場はご相談下さい。)※元々緩和医療の延長上のケアと考えられているのがグリーフケア・遺族ケアです。緩和医療に必須のものと考えられるグリーフケアですが、緩和医療の中でグリーフケアがどの様に意識されているか。ホスピス病棟と在宅医療での訪問看...

続きを読む

グリーフケアの担い手養成講座第4期第5講

◇10月6日(土)・7日(日) 〜グリーフケアの担い手養成講座「ナラティヴ・アプローチ」講師;水野治太郎先生 於;仙台市医師会館 参加費:15,000円(会員割引あり)*2日間参加可能な方...

続きを読む

プロフィール

griefcaremiyagi

Author:griefcaremiyagi
2004年暮れから活動を始め、2006年から「わかちあいの会』を行なっている団体です。2013年にグリーフケアの実践と普及・啓発を事業の柱としてNPO法人化しました。立ち上げの時から関わって頂いているあしなが育英会の仙台レインボーハウスに事務局を置き、宮城、山形で活動しています。グリーフケアの担い手養成講座には、東北6県、関東からも参加されています。