FC2ブログ

記事一覧

デスカフェについて

「デスカフェ」は、見知らぬ人がお茶やケーキと共に死について語り合う場とされている。Wikipediaによると、2004年にスイスの社会学者で人類学者のBernard Crettazが始めたそうだ。デスカフェのルールは次の3つ。1. 一人一人が自由に自分の考えを表現できるようにする2. 特定の結論を出そうとしないようにする3. カウンセリングや悩み相談になり過ぎないようにする死を語るなんて縁起でもない、悪趣味だ、などと思う方もいるかもし...

続きを読む

11月のわかちあいの会のお知らせ。

11月になりました。秋は深まり、冬の訪れを待っている様な感じでしょうか?冬など誰も待っていないかもしれませんが、冬は冬でとても大切な時期です。雪がしっかり降ることで、山々の恵みの準備がなされたり、大量の水が保持されたり、厳しい季節ではありますが、我々の生活環境にとってもとても重要です。冬だからこそ成り立つ産業もあり、経済の面でも冬には冬の意味があります。今年はなんと言っても新型コロナウィルスのパンデ...

続きを読む

ナラティヴ・アプローチ

グリ研は、麗沢大学名誉教授の水野治太郎先生に手ほどきを受けたナラティヴ・アプローチをグリーフケアに取り入れて活動しています。水野先生にはグリ研の立ち上げ頃から関わってくれていたメンバーの故大竹明子さんにご紹介頂き繋がることができました。ナラティヴ・アプローチを取り入れていると言っても、グリ研のグリーフケアの実践としてのわかちあいの会は治療の場ではないので、ナラティヴ・アプローチでセラピーをしている...

続きを読む

デスカフェ仙台のご案内

デスカフェ仙台のご案内です。死についてお話をするのは、タブー視されている面があると思います。死の話題は、不吉だとか、死にたい気持ちを湧き起こしてしまうのでは?という様な思いが世間一般にはある様に思います。死を人の見えないところに押し込んでいた方が良い、安心できるという一種の価値観を打ち破って始められたデスカフェ。死に対する自分の考えを自由に語ることができる場を目指しています。主催は庄子さんで、グリ...

続きを読む

わかちあいの会で語る事の意味

グリ研がグリーフケアの実践事業として行っている「わかちあいの会」は、大切な人、かけがえのない人を亡くされた方々が、その思いを安心して語れる場を目指しています。それ以上でもそれ以下でもありません。ただ、安心して語れる場を提供し続ける、これがグリ研の願いです。わかちあいの会の場に来られて、安心して語ることができたかどうかは、参加した方でないと分かりません。大切な人・かけがえのない人との辛い別れ。己の身...

続きを読む

プロフィール

griefcaremiyagi

Author:griefcaremiyagi
2004年暮れから活動を始め、2006年から「わかちあいの会』を行なっている団体です。2013年にグリーフケアの実践と普及・啓発を事業の柱としてNPO法人化しました。立ち上げの時から関わって頂いているあしなが育英会の仙台レインボーハウスに事務局を置き、宮城、山形で活動しています。グリーフケアの担い手養成講座には、東北6県、関東からも参加されています。