FC2ブログ

記事一覧

5月のわかちあいの会のご案内

新緑の5月。青葉茂れる仙台の街は、青々とした木々の若葉に彩られています。植物の息吹が感じられる季節ですが、青葉は急に顔を出してきたわけではありません。昨秋、葉が落ちるときに、もうすでに次の準備をして葉を落とします。寒い冬の間、その芽は準備をしています。まだまだ冬が厳しいなんて言っている間に、実は芽は徐々に膨らみ始めています。変化の無い、寒くて暗いと思われる冬にも変化は訪れているのです。季節の移ろい...

続きを読む

グリーフケアの担い手養成講座の説明会を開催しています。

グリーフケアの担い手は誰か?それは、ある意味全ての人が担い手であると言ってもいいかと思います。グリーフは病気ではありません。喪失に対する正常な反応がグリーフです。グリーフには個人差があります。涙が止まらない人もいれば、淡々と日常生活を送る方もいます。いろいろな反応があります。グリーフを語る人のそばで寄り添う人は、グリーフケアの担い手と言えます。誰でもグリーフを抱える可能性があり、誰でもグリーフケア...

続きを読む

4月のわかちあいの会のご案内

ついに、5月の改元後の元号が発表されました。新しい時代が来るという言い方もできるかもしれませんが、歴史は続いています。我々の日常がそのまま続いていくというのが実感でしょう。グリ研は、わかちあいの会をこれまで通り継続します。死別という大変な喪失を体験された方が、安心してその想いを語れる場を作るように準備してお待ちしております。亡くなった原因、時期、亡くなった方との関係性は問いません。グリーフを語れる...

続きを読む

多くの皆様からご寄付を頂戴いたしました。心から感謝を申し上げます。

共同募金会が実施したみやぎチャレンジプロジェクトが終了しました。グリ研のこのプロジェクトにチャレンジさせて頂き、多くの皆様からご寄付を頂きました。心から感謝を申し上げます。4月1日現在のみやぎチャレンジプロジェクトのホームページ上では、当初の目標金額を大幅に超える74万円のご寄付を頂戴いたしました。今回のプロジェクトを通して、グリ研の活動を多くの方に知って頂けたのではないかと考えております。グリー...

続きを読む

お礼とお願い

多くの方々にご支援を頂きまして、みやぎチャレンジプロジェクトでは目標金額を大きく上回るご寄付を頂きました。誠に有難うございます。グリ研の活動にご賛同頂き、ご支援を賜りましたこと、心から感謝申し上げます。また、今回のプロジェクトで「グリ研でナンダ?」「わかちあいの会ってナンダ?」「グリ研でこんなことやっているんだ!」と言うようなことが、多くの方々にお伝えできたかなと思っています。人生は喪失の連続です...

続きを読む

プロフィール

griefcaremiyagi

Author:griefcaremiyagi
2004年暮れから活動を始め、2006年から「わかちあいの会』を行なっている団体です。2013年にグリーフケアの実践と普及・啓発を事業の柱としてNPO法人化しました。立ち上げの時から関わって頂いているあしなが育英会の仙台レインボーハウスに事務局を置き、宮城、山形で活動しています。グリーフケアの担い手養成講座には、東北6県、関東からも参加されています。